ストラッシュ那覇店

 

沖縄県の那覇にあるストラッシュのご案内

 

予約の取りやすい脱毛サロンと評判のストラッシュは、沖縄の那覇にも店舗を出しています。

 

ストラッシュ那覇店についてご紹介してみましょう!

 

ストラッシュ那覇店

 

ストラッシュ那覇店案内図

 

おもろまち駅から徒歩5分圏内!!

 

 

ハローワークの真向かいのビル、アイワプラザの1階です。

 

 

ストラッシュ那覇店のご紹介

 

 

 

 

ストラッシュ那覇店のご紹介

 

ストラッシュ那覇店の店舗情報

 

店舗所在地

沖縄県那覇市おもろまち1-2-17 アイワプラザ101

最寄り駅

沖縄都市モノレールゆいレールおもろまち駅

営業時間 11:00-21:00
脱毛料金

全身脱毛61箇所

  1. 月額制:月額7,980円
  2. パックプラン:95,760円
  3. 都度払い:21,980円

部分脱毛

  1. Sパーツ12回:32,010円
  2. Lパーツ18回:93,030円
割引プラン
  1. 乗り換えプラン:最大6万円OFF
  2. 学割プラン:最大6万円OFF
  3. 複数で申し込み:最大138,000円OFF
予約

無料カウンセリングは、公式ページからお申し込みいただけます。
>>ストラッシュ公式ページ

※表示価格は税抜き価格です。

 

 

 

脱毛トピック

 

脱毛についてのアレコレ豆知識!

 

脱毛が原因で起こる炎症『毛嚢炎』とは?

 

自己処理で脱毛を繰り返していると、肌に赤みを帯びたポツポツした部分が出てくることはありませんか?

 

赤くポツポツした部分に痛みや、痒みが伴わない時は『毛嚢炎』(もうのうえん)という、肌トラブルを起こしている可能性があります。

 

見た目にも気になる毛嚢炎とは、一体何でしょうか?

 

ストラッシュ那覇店

 

毛嚢炎(もうのうえん)とは?

同じ肌トラブルでもニキビとは違い、膿が出てくることはありません。

 

脱毛を行ったことで、毛根から毛先までを包んでいる毛包や、毛穴に近い肌の表面が傷つくことで起こる炎症の1つです。

 

毛嚢炎は、店舗で脱毛を行う時も起こる可能性があります。実際に毛嚢炎になってしまった場合はどう対処するのが良いのでしょうか。

対処方法はあるの?

肌に炎症が起きている状態なので、赤みが鎮静してきた場合は自然治癒で直ることもあります。

 

脱毛後の肌は乾燥しやすいので、施術をした部位はしっかりと保湿ケアを忘れずに肌を保護しましょう。

 

数日経っても赤みが目立つ場合は、炎症が長引いている可能性もあります。炎症を鎮めてくれる軟膏などの市販薬や、病院などで適切な処置が必要となってくることも。

 

特に赤みが引かない場合は、跡になってしまうケースもあるので、広範囲に毛嚢炎が出た場合は脱毛を一旦休んで様子をみることもお勧めです。

 

早めに対処すれば、跡が残りにくく再び脱毛も可能になるので、不安な時は迷わずに店舗で対処方法を相談しましょう。

 

毛嚢炎は脱毛をすると誰でもなる可能性がある、肌トラブルの1つです。

 

『痛みがある=脱毛効果が高い』と痛みを我慢してしまう人も多いですが、敏感肌の人や、痛みが苦手な人は肌負担の少ない、自分にあった脱毛方法も選ぶことも大切ですね。

 

ストラッシュ那覇店

 

 

那覇界隈

 

那覇お立ち寄りスポット

 

ストラッシュ那覇店のある、那覇界隈のお立ち寄りスポットのご紹介です。ストラッシュでの脱毛の行き帰りに、ちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょう♪

 

沖縄都市モノレール「ゆいレール」

那覇市には那覇空港があり、まさに沖縄の玄関口です。

 

この那覇空港から首里城のある首里まで27分で結んでいるのが、沖縄都市モノレールです。

 

「ゆいレール」と呼ばれている那覇市内を走る唯一の電車で、この愛称の「ゆい」は、「ゆいまーる(助け合い)」という沖縄の方言からきているのだとか。

 

バスや観光タクシー、またはレンタカーなどで、那覇市内は渋滞になることが多いので、「ゆいレール」はとても便利です。

 

また、地上8メートル〜20メートルの高さを走るため、車窓からの景色を眺めているだけでも沖縄を感じることができます。

 

沿線には観光スポットも点在しているので、乗り降り自由な1日乗車券大人700円、小人350円の「フリー乗車券」がお得です。(2日乗車券1,200円もあります。)

 

乗車券提示で、観光施設や飲食店入場料の割引なども受けられます。

 

所在地:沖縄県那覇市

 

ストラッシュ那覇店

 

守礼門(しゅれいもん)

守礼門は、(沖縄サミット)と西暦2000年(ミレニアム)をきっかけとして造幣された二千円札に印刷されていたので、知っている方も多いことでしょう。

 

首里城に観光に来た場合も撮影スポットになっている守礼門は、沖縄を象徴する観光施設といってもいいかもしれません。

 

この守礼門の名「守礼」とは「礼節を守る」という意味だそうで、門の扁額(へんがく)には「守礼之邦(しゅれいのくに)」とあり、「琉球は礼節を重んずる国である」という意味を示しているそうです。

 

また、「上の綾門(いいのあやじょう)」(「上の方にある美しい門」という意味)という愛称で呼ばれているそうですが、これは、中国の牌楼(ぱいろう)という様式によく似た、バランスが良くエレガントな雰囲気がするからということからきているようです。

 

所在地:沖縄県那覇市首里真和志町

 

首里城

沖縄県内で最大の木造建築物であるのは、「首里城」です。

 

沖縄の風土に合せ、中国と日本の建築様式を取り入れ、独自の琉球建築で建てられています。

 

丘の上に建てられた首里城は、多くの施設や広場などと共に、曲線を描く城壁で囲まれています。

 

また、鮮やかな赤い瓦の正殿は、まさに「琉球王国の城」の特徴と思われていますが、発掘の調査で黒塗りの瓦が見つかったとの報告もあったそうです。

 

現在は観光スポットとして人気がある首里城には、レストランやカフェ、お土産を買えるショップもあります。

 

琉球料理やゴーヤージュースなど沖縄ならではのものや、首里城でしか手に入らないオリジナル商品など、楽しみも盛りだくさんです。

 

所在地:沖縄県那覇市首里

 

ストラッシュ那覇店

 

国際通り

沖縄県庁所在地である那覇市のメインストリートが、「国際通り」です。

 

沖縄県庁から安里三差路にかけて約1.6kmの国際通りには、沖縄の食べ物、飲み物、衣類から雑貨など、ありとあらゆるものがあります。

 

お土産物店が約70%を占め、観光客であふれています。

 

国際通りに面して「牧志公設市場」などもあり、見たこともない鮮やかな魚に驚くかもしれません。

 

それほど広範囲ではないので、南国の雰囲気を感じながら、のんびり沖縄ウィンドーショッピングを楽しめそうです。

 

所在地:沖縄県那覇市松尾牧志周辺

 

TOPページに戻る>>ストラッシュ福岡天神店の紹介